建設業許可申請・会社設立なら福岡市行政書士なんば事務所にお任せください|定款とは?

ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 未分類

未分類

定款とは?

株式会社を設立するためには、「定款」(ていかん)の作成は避けては通れません。 「定款って何?」「定款って何を書けばいいの?」と迷ってしまう方のために、定款の基礎知識や作成方法について解説していきます。 定款とは? 定款と …

建設業許可を取得するメリット

建設業許可を取得するメリット 建設業許可を取得することが必要か、必要でないかは何を基準に判断すればいいのか説明していきます。 まず、取得すべきかどうかは法的な決まりごとに基づいて、必要か必要でないかを判断することが基本と …

建設業許可をしないリスク

許可がないことで取引先に迷惑をかけてしまう 建設業許可がないと「元請からの仕事が来なくなるかもしれない」、「資金調達が厳しくなる恐れがある」などリスクはあります。 確かにゼネコン各社が施工上のコンプライアンスを担保するた …

建設業許可が必要な29業種を詳しく解説 -その4-

25.建具工事業 サッシやシャッターの取付けなど、建具を設置する工事はこの区分に該当し、建具工事業と呼ばれます。 この区分に該当する工事の例としては次のものがあります。 例:金属製建具取付け工事、サッシ取付け工事、金属製 …

建設業許可が必要な29業種を詳しく解説 -その3-

今回も前回の続きの建設業許可が必要な29業種その3として業種を詳しく説明していきます。 15.板金工事業 金属薄板等を加工して工作物に取付け、又は、工作物に金属製等の附属物を取り付ける工事を板金工事業といいます。 この区 …

建設業許可が必要な29業種を詳しく解説 -その2-

6.石工事業 石材(石材に類似のコンクリートブロック及び擬石を含む)の加工又は積方により工作物を築造し、又は工作物に石材を取り付ける工事がこの区分に該当します。 この区分に該当する工事の例としては次のものがあります。 例 …

建設業許可が必要な29業種を詳しく解説

建設業の許認可の取得は、業種ごとに行われます。業種については、国交省の昭和49年に公示した考え方により分類されます。 この分類について平成28年6月に新たな区分が設けられました。自分の行っている工事はどの業種に該当するの …

建設業許可の更新

前回のブログで、建設業許可の更新に必要な要件について少し触れたとおもいますが、基礎的な内容を今回確認しておきましょう。 ①決算書の提出 建設業の許可の有効期限は5年間ですが、その間は毎年決算届を行政庁に呈して提出しておか …

建設業許可に必要な資格条件

建設業界で仕事している方は、「500万円以上の契約をするときには建設業の許可を受けていないと罰則がある」という話を聞いたことがある方は多いと思います。 小規模な工事であれば建設業の許可がなくても請け負うことは可能ですが、 …

会社設立のメリットとデメリット

会社設立のメリット 年間所得が600~700万円以上であれば個人事業よりも会社にしたほうが税金上メリットがあります。 会社になれば、社外的信用力が向上するため、各種取引において有利になるケースが多いといわれています。 会 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 難波行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.