今日は、建設業許可取得後に必要になってくる手続きについて書きたいと思います。

建設業許可を取得したら、5年後の有効期間満了まで何もしなくていいかというと、そういうわけにはいきません。

建設業許可要件になっている経営業務の管理責任者や専任技術者を変更する時、会社の商号や所在地が変更になったとき、役員が就退任したときなど、変更があった場合には、変更届(場合によっては廃業届も)を提出する必要があります。

建設業者さんの方には、こういった諸変更を更新の際にまとめて届出る方もいらっしゃいます。

決算変更届については、決算を迎えたあとに毎年提出が義務付けられている届出ですので、なにも変更がないまま5年後の更新を迎えたとしても、5年分の決算変更届だけは提出しなければなりません。

以上、建設業許可取得後に必要になってくる手続きについて書かせて頂きました。