建設業許可申請・会社設立なら福岡市難波行政書士事務所にお任せください

建設業許可申請が必要になる工事と、不要な工事

建設業許可においては、「許可がなくても請け負うことができる工事」というものが存在します。この許可がなくても請け負うことができる工事は、法律上「軽微な工事」と呼ばれ、その範囲は法令で定められています。   建設業許可が不要な「軽微な工事」
[建築一式工事] 次のいずれかに該当する場合 ①一件の請負代金が1500万円(税込み)未満の工事 ②請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事(主要構造部が木造で、延べ面積の二分の一以上を居住の用に供するもの)
[建築一式工事以外の工事] 一件の請負代金が500万円(税込み)未満の工事

難波行政書士事務所の会社設立に関する6つの特徴

  • 当事務所の会社設立は、初期費用が他社平均より安く、税理士の先生のような顧問契約付での会社設立手続きの契約のようなことはないので、安心してお任せください
  • 司法書士の先生と提携しているので、会社設立手続きの登記の手続きも他の先生を探すことなくまかせて頂くことができます
  • 会社設立に関するお問い合わせを頂いたら、すぐにお伺いすることができます
  • 会社設立における創業融資の手続きや印鑑の作成、名刺やパンフレットなどの印刷物の手配、デスクやプリンターなどのオフィ ス用品など、私が対応できる限り何でもご相談に応じます
  • 社会保険労務士の先生とも提携しているので、会社設立にあたっての労働保険の手続きや社会保険の手続きなども他の先生を探すことなくお任せして頂くことができます
  • 税理士の先生とも提携しているので、会社設立後の税金対策などのご相談もお受けすることができます

会社設立に関する詳細はこちら

報酬額表

相談料

1回目(1時間単位) 無料
2回目以降(1時間単位) 5,000円
※ご相談いただいた内容で契約成立いたしましたら、相談料は無料とさせていただきます。

会社設立手続

設立形態 報酬額 登録免許税 定款認証手数料
株式会社設立 40,000円 150,000円 52,000円
合同会社設立 30,000円 60,000円 0円

会社設立手続きの流れ

①会社設立準備

・設立項目の決定
・印鑑の作成

②定款の作成/認証

・定款の作成
・定款の認証手続き

③登記書類の作成

・資本金の払い込み
・各種申請書作成

④会社設立登記

・設立登記の申請
・登記事項証明書の取得

⑤開業の届出

・銀行口座開設
・税務署に届出

⑥設立完了

・会社運営
・助成金の申請等

土日祝対応します。お気軽にお問い合わせください。 TEL 092-406-8926 受付時間9:00~21:00

お知らせ

年末年始の休業のお知らせ

今年の難波行政書士事務所の年末年始の休業は、12月29日から1月3日までとさせて頂きます。 今年も1年誠にありがとうございました。 来年も引き続き難波行政書士事務所をよろしくお願い致します。  

年末年始の営業

今年の難波行政書士事務所の営業は、12月29日までとさせて頂きます。 来年の営業開始日は、1月4日からご対応させて頂きますのでよろしくお願い致します。  

年末年始の営業

今年の難波行政書士事務所の営業は、12月30日までさせて頂きますので、皆様よろしくお願い致します。 そして、来年の営業は1月4日からご対応させて頂きますので、よろしくお願い致します。

ブログ

会社設立ーメリット・経費ー

会社にしたときの経費のメリット 個人ではグレーゾーンで認められなかった経費も、法人成りした後は、会社の損金か否か、つまり0か100かの税務判断になります。 経費となるもの、ならないもの 個人事業主が所得を得るために使った …

建設業許可ー執行役員経験と補佐経験ー

執行役員経験と補佐経験 この執行役員経験は、平成28年から認められたものでまだ、歴史が浅く、各地方公共団体の知事許可では、認められた例が非常に少ないかもしれない。申請する側としても、提出が求められている確認資料を5年以上 …

会社設立ー赤字を繰越控除できる期間がのびるー

個人ならば赤字の繰り越しは3年ですが、会社はもっと繰り越せます。また、当年が赤字の場合、前年支払った税金を取り戻すこともできます。   会計期間での課税は不公平 個人事業主の場合は、1月1日から12月31日が「 …

建設業許可ーコラムー

出向社員 出向とは、自分の会社ではない会社で勤務することで、建設業では、親子会社間などで比較的よく利用されます。他の会社からの出向社員が、経営業務の管理責任者や専任技術者になることも認められる可能性があります。関東地方整 …

建設業許可ー許可の一本化についてー

許可業者が業種追加して複数の許可を取得した場合は、それぞれの業種につき許可年月日及び許可の有効期間が異なることになってしまいますが、そのように取り扱うと、許可行政庁の許可事務の円滑化を阻害し、建設業者にあっては許可の更新 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 難波行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.