建設業許可申請・会社設立なら福岡市行政書士なんば事務所にお任せください

建設業許可申請が必要になる工事と、不要な工事

建設業許可においては、「許可がなくても請け負うことができる工事」というものが存在します。この許可がなくても請け負うことができる工事は、法律上「軽微な工事」と呼ばれ、その範囲は法令で定められています。   建設業許可が不要な「軽微な工事」
[建築一式工事] 次のいずれかに該当する場合 ①一件の請負代金が1500万円(税込み)未満の工事 ②請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事(主要構造部が木造で、延べ面積の二分の一以上を居住の用に供するもの)
[建築一式工事以外の工事] 一件の請負代金が500万円(税込み)未満の工事

なんば事務所の会社設立に関する6つの特徴

  • 当事務所の会社設立は、初期費用が他社平均より安く、税理士の先生のような顧問契約付での会社設立手続きの契約のようなことはないので、安心してお任せください
  • 司法書士の先生と提携しているので、会社設立手続きの登記の手続きも他の先生を探すことなくまかせて頂くことができます
  • 会社設立に関するお問い合わせを頂いたら、すぐにお伺いすることができます
  • 会社設立における創業融資の手続きや印鑑の作成、名刺やパンフレットなどの印刷物の手配、デスクやプリンターなどのオフィ ス用品など、私が対応できる限り何でもご相談に応じます
  • 社会保険労務士の先生とも提携しているので、会社設立にあたっての労働保険の手続きや社会保険の手続きなども他の先生を探すことなくお任せして頂くことができます
  • 税理士の先生とも提携しているので、会社設立後の税金対策などのご相談もお受けすることができます

会社設立に関する詳細はこちら

お知らせ

年末年始の休業のお知らせ

今年の難波行政書士事務所の年末年始の休業は、12月29日から1月3日までとさせて頂きます。 今年も1年誠にありがとうございました。 来年も引き続き難波行政書士事務所をよろしくお願い致します。  

年末年始の営業

今年の難波行政書士事務所の営業は、12月29日までとさせて頂きます。 来年の営業開始日は、1月4日からとさせて頂きますのでよろしくお願い致します。  

年末年始の営業

今年の行政書士なんば事務所の営業は、12月30日までさせて頂きますので、皆様よろしくお願い致します。 そして、来年の営業は1月4日から開始させて頂きますので、よろしくお願い致します。

ブログ

建設業許可申請の流れ

今日は、建設業許可申請手続きの流れについて書きたいと思います。 まず最初にお客様からお問い合わせの電話を頂きましたら、そこで建設業許可要件を満たしているか確認させて頂いた後、面談の予約をして頂きます。 そして、面談日当日 …

建設業許可取得後必要な手続き

今日は、建設業許可取得後に必要になってくる手続きについて書きたいと思います。 建設業許可を取得したら、5年後の有効期間満了まで何もしなくていいかというと、そういうわけにはいきません。 建設業許可要件になっている経営業務の …

特定建設業許可と一般建設業許可

今日は、特定建設業許可と一般建設業許可について書きたいと思います。 建設業許可は、特定建設業許可と一般建設業許可に区分されます。 これは、建設工事の適正な施工を確保するためには下請け業者の経営の安定が不可欠であることから …

建設業許可の区分

今日は、建設業許可の区分について書きたいと思います。 誰がその許可をくれるのかという視点、つまり許可を出す行政庁がどこかによって2つに分けられます。 国土交通大臣許可:2つ以上の都道府県に営業所を設ける場合 都道府県知事 …

建設業許可が必要な工事・不要な工事

建設業許可が必要な工事と、不要な工事というものがありますので、今日はそのことについて書きたいと思います。 一口に許認可といっても数多くの許認可があります。 一般的には、産廃業許可や宅建業免許のように、必要な許可・免許を取 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 難波行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.